出会い系体験エロ小説 [放尿プレイ]

出会い系エロ小説 [放尿プレイ]

出会い系エロ小説 [放尿プレイ]記事一覧

出会い系で出会った美羽は、ロリ巨乳だった。出会い系でセフレとセックスするくらいなら、そのルックスといやらしいカラダをつかって風俗的な仕事をした方がよっぽどいいような気がするが、好きなことを仕事にするとつらくなるから、あくまでセックスは趣味にするんだとか。セックスが趣味だというだけあって、美羽には俺の他にもセフレがいるらしく、それぞれの特徴によって使い分けているらしい。今日はこってりとしたセックスを...

目に涙を浮かべた美羽は、俺の嗜虐心をそそり、俺のちんぽはもう完全に勃ちあがってしまっている。俺は太ももにおしっこをしたたらせた美羽をベットに連れて行き、仰向けに寝かせて、大きく脚を開かせた。そのまま、ちゅばちゅばとおまんこをクンニすると、美羽が悲鳴をあげる。「いやっ!汚いよぉ・・・やめてぇ・・・。」「美羽のおしっこ、おいしいよ・・・。」美羽のじゃなければ、おしっこを舐めるなんてありえないのだが、美...

出会い系で出会った女の子たちには、なるべく放尿をみせてもらうことにしている。ほどよくお酒が入って、ハイテンションになった女の子は、意外と簡単に放尿してくれることが多い。イヤだっていわれたらすぐに諦めるが、ダメモトで、放尿みせてっていうのは、俺にとってほとんど習慣みたいなものだった。その日の体調にもよるのだろうが、女の子によって、ずいぶん、おしっこの色や匂いや量が違う。酔っているせいで開放的になり、...

何か買ってほしいとかいわれると思っていたのに、意外とかわいらしいおねだりだったので、俺は気をよくした。「お安い御用だよ。おまんこの気持ちいいところ教えて。」俺は自分の指をしゃぶって、指を濡らすと、美紀のおまんこにゆっくりと差し込んだ。「ん・・・秀人さん、指長いね。」セックスに備えて短く爪を切って、ささくれもないように手入れをしている俺の指は、かなり評判がいい。おまんこの奥で、クリトリスの方向に、く...

学生やってた俺は、その日も出会い系で、会える女を捜してた。会えるってゆーか、ヤれる女ね。持て余している時間を有効利用して、ひたすら数打つ。親指が痛くなるほど、メール送信、メール送信。内容はほとんどコピペ。それでも、それなりに成功するもんで。ま、会う約束はしたけど、こっそりのぞいて、スルーってことも多いけどね。俺、デブとブスはマジでNGなんだわ。だから、写メを考えたヤツには、ちょー感謝してる。俺の写...

「今度は、私を気持ちよくしてね。」俺は由香子をベットに押し倒し、美乳にむしゃぶりついた。勃起したちんぽをすべすべの太ももにこすりつけながら、やわらかなおっぱいを揉み、乳首を吸う。「ん・・・早くおまんこいじってぇ・・・。」由香子はおっぱいより、おまんこを愛撫してほしかったらしい。遠慮なく足を大きく開くと、おまんこからは愛液がたっぷりとにじみ出ていた。舌で愛液をすくい取るように、れろれろと舐めあげる。...

出会い系で出会った恵菜と俺は、放尿プレイ好きの変態カップルだ。今まで付き合った恋人達には、どうしても理解してもらえなかった放尿プレイだけに、同じ性癖を持つ恋人ができた喜びは大きかった。なにしろ、いつでもどこでも放尿プレイが楽しめるのだから。人気のないビルの間や公園、ベランダなんかが俺達のお気に入りの放尿プレイスポット。二人で旅行に行っても、チャンスがあれば、すぐに放尿プレイを楽しむことにしている。...

あいかわらず、熱くてキツいおまんこなので、気を抜くとすぐに射精してしまいそうになる。「はあ・・・はあ・・・信吾のおちんぽ・・・私のおまんこ・・・いっぱいにしてる・・・。」恵菜が俺にしがみついて、耳元で囁いた。「ああ、恵菜のおまんこは最高に気持ちいいよ。」俺も恵菜の耳元で囁いて、耳たぶをしゃぶってやった。「んんっ!・・・私も・・・私も気持ちいい・・・。」恵菜のおまんこが俺のちんぽをぎゅっと締めつけて...

これは出会い系で俺が経験した、本当にあった嘘みたいな話だ。熟女好きの俺がメール交換の末、誘い出した女は、俺の友達のお姉さんで。高校生の頃、マジで片思いしてて、知香さんが結婚して人妻になってしまった時には、ダンナになる男に強烈な嫉妬を感じていたから、宝くじに当たったくらいラッキーだと思った。知香さんの方は、浮気しようとしてた相手が弟の友達だとわかって、ドン引き。なんとかごまかして帰ろうとしてるのがバ...

悔しさと恥ずかしさで顔を真っ赤にしながら、知香さんが覚悟を決める。自分で裸になってもらって、そのストリップショーを愉しむ合間に、俺もすっ裸になった。バスルームに一緒に入ると、洗い場で脚を大きく開かせて立たせて、おまんこの真ん前に顔を寄せる。ちょっぴり蜜を湛えているおまんこを舌でべろーんと舐めて、「放尿、早くみせてよ。」と声をかけると、俺の両肩に震える手でつかまった知香さんが、「こんな格好でしたら、...

先週、彼女に隠しておいたAVをみつけられてフラれた。「ザ・放尿〜公衆便所を盗撮しちゃいました〜」っていうタイトルだったのが、ダメだったらしい。放尿モノが好きっていうのは、個人の嗜好の自由だと思うし、放尿をみせろって強要したわけでもないのに、心の狭い女だ。二年付き合った彼女にフラれてヤケになった俺は、出会い系で放尿をみせてくれる女を探すことにした。別に、特別美人でも、めちゃめちゃかわいくなくてもいい...

放尿はみせてくれても、拭いているところはみせたくないらしい。俺は放尿をみた余韻でぼーっとしながら、トイレを出た。今度は、バスルームで、放尿するところをもっとよくみてみたい。できれば、放尿したおしっこを俺の体にかけてほしい。間近でみた放尿は、俺の欲望をさらに増幅させた。景子ちゃんがトイレから出てきて、裸のまま、手を洗っている。俺はそれをみながら、急いで服を脱いだ。放尿をみて、いつも以上に勃起している...

出会い系で出会った靖子は、すごく変わった女だった。ロリ系のかわいい顔に、そこそこいいスタイル。モテそうなのに、付き合ってもすぐフラれてしまうのは、男の前で放尿してしまうようなありえない性格が原因だろう。俺もはじめて靖子が放尿しはじめたときには、かなりびびった。ラブホテルの風呂にいっしょにつかって、後ろからおっぱいをもんだり、おまんこを軽くさわさわしたりして、いちゃいちゃしてるときに、いきなり靖子が...

俺は好きな女のアナルでも、指を挿れたいとは思わない。「放尿したあとのおまんこクンニしても、喜んでくれるし。」俺は好きな女のおしっこでも、舐めたりできない。「この前なんて、一回放尿したあとだったのに、おまんこにちんぽ挿入して激しく突いてたら、おしっこもらしてくれたんだ!」それはおしっこじゃなくて、潮吹きじゃねーの。俺は靖子に潮吹きさせたことがなかったので、ちょっと悔しい気持ちになった。「今まで、彼女...

出会い系で出会った智子は、俺のザーメンと放尿をこよなく愛する従順なM奴隷だ。ザーメンを口内発射されると、うっとりとした顔で喜ぶし、俺が智子の体に放尿してやると、それだけでおまんこをびちゃびちゃに濡らす。SMプレイといっても、拘束したり、ロウソクをたらしたり、鞭でうつなんてことはしない。俺は怠惰なS男なので、ひたすらM奴隷に奉仕させて、快楽だけを貪ることにしている。その点、智子は理想的なM奴隷だった...

「あんなキレイなコに、ユウジがザーメンをかけたり、放尿したりするのをみるなんて、まるで本当のこととは思えないよ。」翔太は呆然とした表情で、下半身をむき出しにしたままの俺につぶやいた。もっと羨ましがってほしかった俺は、「よかったら、お前もやってみないか?最高に興奮できるぞ。」と誘ってやった。さぞ俺に感謝して、勃起したちんぽを取り出すだろうと思ったのに、翔太は情けなさそうな表情を浮かべて、「実は、俺、...

出会い系で出会った女とは、セフレ止まりと割り切っている。なぜか彼女にしたいほど好みの女に限って、俺をセフレ以上にはしてくれないし、セフレでいいと思う女に限って、付き合ってもいいよ、とかいってくれる。付き合ってもいいよという言葉に生返事をしているうちに、いつの間にか、3人くらい彼女がいることになってしまった時期もあった。相手がすっごいいい女でない限りは、彼女を作るのなんて、出会いの数さえ多ければ、そ...

俺が美香の体を前後にゆすりながら、放尿を促すと、「ホントに放尿しなくちゃダメ?」美香が俺の顔を見上げてくる。なるべくやさしくみえるように微笑みながら、「どうしても、美香の放尿してるとこ、みてみたいんだ。おねがいだからさ。」猫なで声でささやくと、美香も覚悟を決めてくれた。「わかった。じゃ、放尿するよ。」美香の体から力が抜けて、鏡に向って、おしっこが放出された。ジョボボボボ・・・。おまんこから放射線を...

関連情報

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
トップへ戻る