出会い系体験エロ小説 [拘束]

出会い系エロ小説 [拘束]

出会い系エロ小説 [拘束]記事一覧

出会い系で出会った美羽と俺は、仲のいい恋人同士だった。出会ったきっかけこそ、出会い系だったけど、他のカップルとなんの違いもない。俺は家庭的で明るい美羽が好きだったし、結婚を考えるくらい真剣に付き合っていた。それなのに美羽は、好きな人ができたから、俺と別れたいなんていいだした。美羽は悪い男にだまされてしまったんだ。俺は美羽を拘束して、正気に戻すことにした。拘束して、自由を奪うのはかわいそうだが、その...

首筋からおっぱい、背中、ウエスト、おしり、太ももと痕がないか調べてみたが、何もなかった。「おまんこに薄汚いちんぽを咥えこんだんじゃないのか?お前は淫乱だからな!」ろくに濡れていない美羽のおまんこに指を挿れると、美羽が悲鳴をあげた。「やめて・・・やめてください・・・痛い・・・。」おまんこは本人の意思とは無関係に、痛みを緩和しようと愛液を分泌する。「やめてとかいっても、ほら、愛液がたれてきたぞ。」くち...

出会い系で出会った美紀は、女王様タイプっていうか、セックスでも自分が主導権を握りたいらしかった。俺はいい女とセックスできるなら、なんでもいいタイプで。自分の下でプライドの高そうな高飛車な女があえいでいるのもそそるけど、横たわったままで相手のされるがままになって気持ちよくなるのも悪くない。実際、攻める方が体力使うしね。美紀ははじめて会ったばかりの俺に、首輪をするようにいった。「私のおまんこに、その汚...

勃起しているちんぽがひっかかって、痛い。それでも、全然、萎えなかったちんぽは自由になった開放感からますます反り返っている。「ふーん。意外と立派なちんぽじゃないの。」褒められたらしいのは嬉しいが、意外は余計だ。「先走りをこんなにたらしちゃって、いやらしいちんぽね。」美紀は俺のちんぽを指でぴんと弾いた。痛い・・・充血して硬くなっているだけに、痛い。腕を拘束されていなかったら、俺は美紀をひいひい泣くまで...

関連情報

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
トップへ戻る