出会い系体験エロ小説 [近親相姦]

出会い系エロ小説 [近親相姦]

出会い系エロ小説 [近親相姦]記事一覧

出会い系で出会った結菜は、俺とのセックスが終わった後、実の兄に近親相姦されていると告白してきた。俺にも妹はいるけど、近親相姦なんて今まで考えたこともない。あまりの話に呆然としてたら、「いろんな男の人と会って、近親相姦から助け出してくれる人を探しているんです。もうガマンできないし、自殺するしかないかも・・・。」って、泣きながらみつめられた。自他共に認めるお人好しの俺としては、近親相姦がイヤで自殺した...

ガマンしきれなくなる前に、前戯をしようと、俺は結菜のおまんこに手を伸ばした。まだ全然濡れてないから、とりあえず、クンニして様子をみようと、結菜の脚の間に移動した。明かりがついているから、おまんこがはっきりとみえる。昼にヤったときにも思ったけど、結菜はされるがままっていうか、全然、抵抗したりしない代わりに、恥じらったりもしない。あえぎ声をあげるときにも、押し殺したような小さな声しか出さないし。そうい...

出会い系で出会った美緒とは、変態仲間として付き合っている。俺は実の妹の里子をずっと犯したいと思っていて、実行してしまう前に、里子の代わりになるような女の子を捜していた。美緒は実の兄貴に惚れていて犯されたいと思っていたが、兄貴に彼女ができてしまって、毎日つらいので、兄貴の代わりになるような男を捜していたらしい。そんなわけで、俺達はお互いの近親相姦の願望を代替するためのパートナーなのだ。美緒は里子に似...

背中に手を回して、ブラジャーのホックをはずすと、たわわんとしたおっぱいが開放された。おっぱいは美緒の方が里子よりもはるかに大きい。美緒の兄貴は、この男のためにあるような大きなおっぱいをいやらしい目でみたりしないのだろうか。美緒にきいたら、わざとお風呂上りに薄着で後ろから抱きついて、おっぱいを背中に密着させたり、腕に押し付けてみたりするらしいが、美緒の兄貴は笑いながら、軽くあしらうらしい。俺が里子に...

出会い系で出会ったセフレの真由美とは、ちょっとアブノーマルなプレイを愉しんでいる。最近ハマっているのは、近親相姦プレイだ。真由美が妹役、俺がお兄ちゃん役で、真由美を陵辱しているうちに、真由美がだんだん感じてきて、和姦になるというストーリーがお気に入りだったりする。まずは、妹の真由美が寝ているところをお兄ちゃんである俺が襲う。パジャマ姿で寝たフリをしている真由美の布団をはぎ、パジャマのボタンをはずす...

舌で口の中を舐めまくっているうちに、真由美の目はとろんとしてきた。「真由美はお兄ちゃんのこと、好きだろ?」「好き・・・潤一お兄ちゃん、大好き。」「じゃ、おまんこにちんぽを入れさせてくれるよな?」真由美は俺の顔をみつめながら、こくんと頷いた。俺は真由美のよだれまみれのちんぽを真由美のおまんこにあてがった。「・・・こわいよ・・・潤一お兄ちゃん・・・。」「ゆっくり入れるから大丈夫だ。真由美は処女だからな...

関連情報

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
トップへ戻る