出会い系体験エロ小説 [強姦]

出会い系エロ小説 [強姦]

出会い系エロ小説 [強姦]記事一覧

出会い系で出会った麻央はロリ顔のちびっ子だ。もちろん、未成年ではないのだが、まず信じてもらえないくらい幼いルックスなので、ラブホ以外の場所へは恐ろしくていけないのだ。そんな麻央と好んでするセックスは、制服を着て強姦ごっこするというコスプレだ。麻央はどんな制服でも着こなしてしまうので、セーラー服の夏服バージョンやアニメに出てくる制服などのバリエーションも楽しめる。スクール水着やブルマなども、よく似合...

俺はパンティに両手をかけ、一気に足首まで下ろした。「ああっ!」片手でスカートをまくり、丸出しになったおまんこを指でなぞると、にじみ出ていた愛液が俺の指についてきた。「ほらみてみろ。麻央のおまんこから垂れ流されたいやらしい汁だ。」濡れた指を麻央に突きつけると、麻央は目を閉じてイヤイヤと首を振る。ぷっくりとした唇に、愛液がついた指をつけ、「舐めてみろ。いやらしい味がするぞ。」強引に指を口の中に入れ、舌...

出会い系で出会った結花は、俺と親友の大輔を兄弟にしてくれたセフレだ。何度か会って、至ってノーマルなセックスした後で、結花は強姦プレイで3Pしたいといいだした。俺は親友の大輔を誘って、三人でラブホテルに行った。大輔ははじめて会う結花のかわいさとエロいカラダに興奮を隠せないようだったが、「結花はフェラチオうまいから、ちんぽしゃぶってもらえよ。」と声をかけると、いそいそと服を全部脱ぎだした。「いきなり、...

おろおろとしている大輔に、結花はにこりと笑って、「大丈夫よ。でも、精液を舐めてキレイにしてくれる?」大輔は結花の顔や首筋、おっぱいを犬のようにぺろぺろと舐めて、自分の精液を舐めとっている。「強姦プレイじゃなかったのか?」俺はアナルのバイブをさらに極太のものに変えながら、おまんこのバイブを乱暴に出し入れした。「あ、あん・・・だってぇ、大輔さん、カワイイんだもん。」どうやら、結花には女王様気質もあった...

健介が出会い系にハマってるのは、知ってた。妙にうきうきしながらでかけていっては、にやにやして帰ってきてたから。きいてもいないのに、出会い系のシステムとか説明してきたり、セフレがたくさんできたとか俺に自慢してたし。テキトーに聞き流してた俺は、そんな上手い話があるもんかって馬鹿にしてたんだ。俺達のいる職場の寮は、むさい男が集まっている。職業も肉体労働系で女との出会いなんて、全くといっていいほどない。俺...

「強姦されてんのに、そんな態度でいいのか?」俺は手を大きく振り上げ、亜矢の頬にふれる寸前で止めた。びくっと体を震わせた亜矢が泣き出す。女を泣かしたのなんて初めてだったから、すっごい興奮!!!やっと強姦らしくなってきた!やさしくおっぱいをさわりながら、乳首をぺろぺろと舐める。口の中にしゃぶった乳首を舌でちろちろ・・・舐めては軽く歯をあてる。十分、おっぱいで楽しんだ後は、いよいよおまんこだ。パンティの...

出会い系で出会った由貴は、かなり遊んでいるらしかった。最初に、由貴に会ったときには、清純派というか、おとなしそうなお嬢様タイプだと思っていたのに、俺以外にもかなりの人数のセフレがいるらしい。体の相性もよかったし、何より由貴のことが好きだったので、三回目に会ったときに、「彼女になってほしい。」といった俺は、「ごめんなさい。他のセフレの人たちと別れられないから。」という由貴の返答に目の前が真っ暗になっ...

爪の先で軽くひっかくようにクリトリスをいじりながら、おまんこのいいところを指で強くこすると、由貴は体をびくつかせて、イってしまった。「なんだよ。強姦されてるのに、イっちゃ、マズいんじゃない?由貴ちゃんがド淫乱だって、バレちゃうよ?あ、もうバレてるか?」俺がからかうようにいいながら、おまんこから指を引き抜くと、由貴は顔を真っ赤にして、俺をにらみつけた。俺はそれを無視して、ラブホテル備え付けの自販機で...

出会い系で出会った麻里は、ロリ系のお人形みたいな顔立ちの女だった。透き通るように白い肌。きゃしゃで小さな体つき。真っ黒でストレートのロングヘア。レースの服がよく似合っていて、そのままガラスケースに飾っておきたいような完成度の高さ。外見は清楚なのに、麻里には奇妙な性癖があって、それで俺みたいな冴えない男と会う気になったらしい。奇妙な性癖っていうのは、強姦願望。強姦のような乱暴なセックスでないと、感じ...

なるべく痕を残してほしいといわれているけど、さすがに歯形をつけたりはできない。白い肌に鬱血したキスマークをつけるだけでも、ちょっと罪悪感を感じるのに。あんまりじっくり前戯をすると、強姦らしくないので、俺はすぐにおまんこにとりかかる。鮮やかなピンク色したキレイなおまんこは、麻里の体つきにあわせて小さくできていて、乱暴に扱うと壊してしまいそうな気がする。クンニはイヤだといわれているので、指でクリトリス...

出会い系で出会った美紀は、強姦プレイが好きな熟女だった。知性的なその美貌からは、とても強姦プレイなんていうアブノーマルなプレイが好きなようにはみえない。むしろ、下ネタをいうのも憚られるくらい、まるで女教師のような潔癖な雰囲気を漂わせていた。美紀が俺と会うことにしたのは、俺がトラック運転手だからで。「たくましい体をした肉体労働系の男性に、強姦プレイしてもらうとすごく興奮するんです!」ときれいな瞳をき...

「どうやら観念したみたいだな。おとなしくしてれば、気持ちよくしてやるからよ。」タイトスカートを剥ぎ取り、パンティストッキングを破いて、パンティを脱がせた。「ああっ・・・ダメ・・・みないで・・・。」両手でおまんこを隠してきたので、頭に巻いていたタオルで縛ってやる。強姦プレイが好きなだけあって、ドMらしく、美紀はとろんとした目でうっとりと俺を見上げてきた。「たっぷりと本気汁がたれてるな。本当は強姦され...

出会い系で出会った香澄は、かなり変わっている。ルックスはとてもイケてるのだが、強姦願望があるというか、強姦プレイが好きなのだ。まあ、実際、本当に強姦されたら、望まない妊娠とか病気の心配もあるし、最悪、殺される危険性だってあるわけで、あくまでも、プレイとか妄想の中のシュチエーションとして、強姦が好きなのだろう。定番としては、セーラー服やブレザーのような学生服を着た香澄を俺がムリヤリ強姦するという感じ...

香澄のあえぎ声をキスでふさぎながら、俺はおっぱいやウエスト、クリトリスを手でいじり倒した。「気持ちいい・・・おまんこの中がうねってる・・・。」良介は強姦の興奮と香澄の具合のよさに、すぐに射精してしまったようだ。脱力した様子の良介と場所を入れ替えて、俺も香澄のおまんこにちんぽを入れる。良介の精液でどろどろになったおまんこは、まだイってなかったらしく、俺のちんぽに絡み付いてきた。ぐちゅ・・・ぐちゅ・・...

出会い系で出会った杏里は、警戒心の薄い世間知らずの女だった。こんな夜中に、初対面の男の車に乗り込むんだから、当然、セックスする覚悟があるもんだと思っていたのに、抱きしめただけで嫌がって体をよじる。「は?何だよ。ヤる気ねーの?」キレた俺が低い声を出すと、「そんなつもりじゃなかったんですっ・・・一人でいるのがさみしかっただけで・・・。」ぐすぐすと泣き出す。こういう泣けば許してもらえると思ってる女って、...

クンニはあまり好きじゃないが、こう敏感に反応すると、やりがいがある。「ひっ・・・やっ・・・やだっ・・・やめて・・・。」せっかく拭ったのに、すぐに愛液が溢れてきた。「ここでやめたら、お前もツラいだろ。」おまんこに指を挿入して、膣壁のしめつけを愉しむ。敏感なだけあって、なかなかのしまりだ。「どうせ処女じゃないんだし、もっと愉しめよ。」指を中でくねくねと曲げて、膣壁をこする。「ああ、ついでにクリトリスも...

出会い系で出会った美保に、俺は強姦された。俺が強姦したんじゃない。強姦されたんだ。美保はぽっちゃりというか、でっぷりというか、とにかく、ふくよかだった。はっきりいうなら、デブだ。痩せたらかなりの美人だとは思う。整った顔をしていたが、余分な肉が全てを台無しにしていた。後ろから腕をつかまれ、「あなた、祐也よね?」と声をかけられたときには、思わず、血の気が引いてしまった。「違います。」という暇もなく、運...

美保は挿れてといいながら、自分で俺のちんぽをおまんこの中に咥え込んだ。ヤバい・・・気持ちいい・・・。ナマで味わうおまんこの味は格別で、俺は美保の体の重さも忘れて、恍惚としてしまった。俺が腰を振らなくても、おまんこの中がうねるから、充分に気持ちがいい。さらに、美保がゆっくりと腰を振りはじめて、俺は思わずうめいてしまった。ちんぽに吸い付いてくるキツくて熱い美保のおまんこが、蕩けるように俺のちんぽを包み...

出会い系で出会った早苗が彼女気取りで、最近、ウザい。確かに顔はかわいいし、おっぱいもでかいが、性格がどーもうっとうしい。「どこに行ったの?何したの?」っていうメール攻撃も、「遊んでくれなきゃ、さみしくて浮気しちゃうぞ。」っていってくんのもダルい。「ああ。すれば。」って返信したら、「慎吾くん、ひどーい!!!早苗のこと、もうキライなの???」とかいってくるし。「もうキライだ。会うのよそう。」っていって...

浩介のやつ、余計なことを。「やっ・・・あぅ・・・やめてぇ・・・。」「なんか声が色っぽくなってきたぞ?今度は俺の手マンテクを披露しようかな。」浩介は早苗のおまんこを指で刺激しているらしい。くちゅくちゅという独特の音がきこえてくる。「早苗ちゃん、ずいぶん、ごぶさただったんじゃないの?」「そんなこと・・・はっ・・・やぁ・・・。」確かに、早苗とはずいぶんヤってない。早苗が俺としかしてないなら、数ヶ月ぶりの...

関連情報

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
トップへ戻る