出会い系体験エロ小説 [顔射・ぶっかけ]

官能小説【出会い系-顔射・ぶっかけ編】

官能小説【出会い系-顔射・ぶっかけ編】記事一覧

出会い系で出会った女がイマイチ好みじゃないときは、顔射で憂さを晴らすことにしている。顔射して、相手が怒ってそれっきりになっても、痛くもかゆくもないからだ。逆に、好みの女には顔射なんてできない。顔射が好きって女は、AVやエロ漫画の中にしかいないから後が怖いし。その日、待ち合わせに現れた由真は、そこそこかわいくて、おっぱいのでかさが俺好みだった。ひとことでいうなら巨乳で、はちきれんばかりのおっぱいがぱ...

クリトリスをちゅうっとキツく吸ったり、舌を小刻みに動かしたりして、愛液とよだれを混ぜ合わせていると、由真が恥ずかしそうに小声で、「おまんこに・・・指入れてほしいの・・・。」手マンをねだってきた。右手の中指をぐっぷりとおまんこの奥まで咥え込ませてやって、指先だけ軽く動かすと、由真は自分でおっぱいをいじりながら、気持ちよさそうな声を出した。左手の人差し指でクリトリスをこすってやりつつ、右手の中指をゆっ...

出会い系で出会った美奈子は、とても淫乱で変わった女で、よく顔射をせがんできた。最初の二、三回こそ、美奈子のかわいい顔に顔射するのは、かなり興奮したが、何度も顔射すると飽きてくる。おまんこに入れるときには、コンドームをつけているから、顔射のために、それを取るのも、もどかしいっていうか、面倒だし。で、冗談半分で、「おまんこに挿入してから、顔射するのってしらけるから、いっそ3Pするか?」っていったら、美...

「えー、俺の華麗なる手マンテクニックで美奈子ちゃんをイかせてあげたかったのに〜!」自慢するほど手マンが上手いやつの爪がそんなに長いとか、ありえないから。俺は美奈子をよつんばいにさせて、後ろから友樹にクンニさせた。あぐらをかいた俺のちんぽを美奈子がちゅぱちゅぱとフェラチオしている。「痛かったら、ちゃんといえよ。」頭をなでながら、一心にフェラチオしている美奈子にいうと、「うん。大丈夫・・・。」と頷いた...

今日、何度目になるかわからないザーメンを俺は足元の美雪にぶっかけた。もう美雪の体はザーメンまみれになっていて、どろどろに汚れている。五人の男がザーメンぶっかけまくったのだから、当たり前だけど、部屋の中はザーメンのニオイが充満していた。美雪は出会い系で出会った変態の人妻だ。ザーメンをぶっかけられるとたまらなく興奮するらしい。俺達は、ザーメンをたくさんぶっかけられて、ザーメンまみれにされたいという美雪...

何度もイきまくっている今なら、尚更だろう。「ぅううっ!くふっ・・・ふぅんっ・・・。」口にちんぽをしゃぶったままの美雪が、くぐもったあえぎ声をあげた。フェラチオさせていた男が、顔射でザーメンをぶっかけた。きれいな顔と美しい黒髪に、ザーメンが飛び散る。よだれとザーメンで濡れた唇をぺろりと舌で舐めた美雪は、しゃぶれそうなちんぽはないかと周囲を見渡した。アナルの気持ちよさにヤられて、早々にザーメンをぶっか...

関連情報

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
トップへ戻る