出会い系体験エロ小説 [フェラチオ]

MENU

オススメ♪

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

出会い系エロ小説 [フェラチオ]記事一覧

出会い系で出会った詩織はフェラチオを知らなかった。もちろん、未成年ではない。最初は、この性情報が氾濫している現代で、フェラチオを知らないなんて、どんだけ箱入り娘なんだと、信じられなかった。てっきり、フェラチオをしたくないから、とぼけているんだと思ったぐらいだ。確かに詩織はお嬢様なのだろう。コンビニのおにぎりは、お薬のような味がするので、食べられないといっていたし。本来なら、俺のような一般庶民とは、...

おまんこのひだひだを舐め、ワレメを舌でなぞり、アナルまで舐めたところで、俺が舐められるところはなくなってしまった。おまんこに指を入れると、処女膜を破ってしまう恐れがあるので、これ以上はしないほうがいいだろう。「ありがとうございました。」あえぎすぎて、少しかれてしまった声でいいながら、詩織がぺこりと頭をさげる。「どうする?フェラチオやってみるか?」俺は完全に勃ちあがって、先走りでぬれているちんぽを詩...

出会い系で出会った尚美は、高校生かと思うくらい童顔のコで、はじめて会ったときはかなりひいた。いわゆる幼児体型で、かなりの微乳に小さなおしり。細すぎるウエストが折れそうだった。「あの、俺、援助交際とか興味ないし、淫行条例に引っかかるのも怖いんで、ごめんね。」っていったら、本気でぶたれた。「私、ハタチすぎてるし!社会人だから!」免許証をみせてもらったら、確かにハタチすぎていて、さらに驚いた。「うーん。...

「私、こんなだから、ロリコン好きの男の人しか寄ってこなくて、普通の男の人には相手にしてもらえないの・・・。だから、それで・・・。」尚美がまた涙ぐみはじめたので、俺はあわてて謝った。気を取り直したように、尚美の指が俺のちんぽを軽くしごいた。ようやく完全に勃起した俺のちんぽに、尚美がキスする。亀頭にやわらかい唇が当たると、ちょっと気持ちよくて、でも、物足りなくて、俺のちんぽはさらに硬くなった。ちろちろ...

出会い系で出会った明菜は、三十代後半の割には若々しい上品な人妻だった。有り余るお金と時間を使って、エステに行ったり、習い事をしたり、若い男と浮気するんだから、うらやましいご身分だ。世の中には熟女好きの男も多いし、明菜くらい美人でスタイルもよければ、セックスの相手をしたいヤツなんていくらでもいるのだろう。全身を高そうなブランド物で固めた明菜は、まるで品定めをするかのように俺をみて、「ま、いいわ。とり...

ずるりと口からちんぽを引き出し、「舐めてきれいにしろ。」お掃除フェラをさせる。フェラチオが終わったところで、再度、両手を拘束し、パンティの上からおまんこをなぞった。「パンティの上からでも、おまんこが濡れてるのがわかるな。」「うっ・・・ふっ・・・。」「あえぎ声を堪えているのか。なら、我慢しなくていいようにしてやるよ。」俺はパンティをナイフで切って剥ぎ取ると、明菜の口に詰めた。「これで好きなだけあえげ...

出会い系で出会った江里子にフェラチオさせながら、俺は携帯で仕事の話をしていた。自分にフェラチオさせたまま、平然と電話の応対をする俺にムカついているのか、江里子のフェラチオはいつも以上に激しくて情熱的だ。なんとしても俺をあえがせてやりたい、みたいな執念を感じる。江里子のフェラチオは気持ちいいが、頭が半分仕事モードになっているから、あえぐほどじゃない。でも、性能のよすぎる携帯電話が、くちゅっぴちゅっと...

もちろん、そんなことは計算済みだ。「じゃ、携帯のアラームを5分後に設定して、クンニをはじめようか。」まずは愛液を舐めるように、やさしくソフトにクンニして、徐々に舌の動きを激しくしていった。「・・・っ!・・・っ!」途中から、自分の手で口を塞いだ江里子は、快感をどうにか耐えようと首を左右に振っている。口を手で塞いだって、ムダなのに・・・。膣口から舌をねじこんだ後、江里子が一番弱いクリトリスを集中的に責...

出会い系で出会った友里恵は、天然少女だった。黙っていれば、メガネの似合う美少女だ。スレンダーな体つきは、発育途上で、少年のような微乳に小さなおしりも魅力的だ。ショートカットでボーイッシュな友里恵は、よく男の子に間違われるといっていた。確かに、ちょっと見には、美少年にも見える。マジメそうな友里恵がどうして俺と会う気になったのかといえば、好きな人にふられてヤケになっていたからというありがちな理由だった...

俺がすまなそうに謝ると、友里恵は俺のちんぽから手をはなし、俺の足元に座り込んだ。「私、フェラチオっていうの?してあげるよ。」そのまま、ためらいがちにあーんと口を開く友里恵に、俺は驚いてしまった。「フェラチオって口で射精させることだよ?友里恵ちゃん、フェラチオしたことあるの?」「ないけど・・・フェラチオなら、手でするより気持ちよくできそうじゃない?」友里恵は上目づかいで俺を見上げながら、ぱくりと俺の...

出会い系で出会った女には、とりあえずフェラチオしてもらうことにしている。フェラチオのテクニックをみれば、その女の性的経験が大体わかるし、かなりフェラチオが上手なようなら、俺もしつこくていねいに前戯して、激しいセックスをする。フェラチオが下手な女には、それなりの前戯でおまんこを痛くない程度にほぐした後、ちんぽを挿入して、女をイかせてから射精して終わり。セックスは上手いヤツとヤんないと、普通以上に気持...

友達のちんぽをフェラチオして興奮したのか、麻美のおまんこは愛液があふれていて、それがさらに俺をイラつかせた。「フェラチオしながら、感じてたのか?ホントに麻美は淫乱だよな。」指でおまんこをいじりながら、吐き捨てるようにいうと、「違うよぉ・・・浩司くんがみてる前でフェラチオするのがなんか興奮しちゃって・・・。あんっ。」麻美は俺の指に感じながらも、俺のちんぽをフェラチオしようとしてくる。シックスナインの...

出会い系で出会った少女のように若い美咲とラブホテルに行くのが最近の俺の楽しみだ。美咲は小柄できゃしゃな体つきをしていて、俺の娘といっても誰も疑問に思わないくらい若い。素直でかわいらしい美咲は、本当に理想の娘って感じで、女の子に恵まれなかった俺は、こんな娘がいたらなあと、うっとりしてしまう。多少高いものでもおねだりされれば、ほいほい買ってしまいそうなのに、美咲のおねだりはいつもかわいいものばかりだ。...

涙目のまま、しゅんとなっている美咲は俺の手で足を開かれて、おまんこに直接シャワーをかけられると、あわてて足を閉じようとした。「フェラチオ、ずいぶん上手になっていたよ。ほら、足を開いて。おまんこ、キレイに洗えないだろう?」美咲の小さなおまんこを指でなぞっていると、自分の指がひどく太くてごつごつしたものに感じられる。膣口に中指の先をそっとあてがい、ゆっくりと奥まで入れると、狭いおまんこはもういっぱいい...

俺が出会い系を使っているのは、日常生活に出会いがないからだ。合コンとか飲み会とか、みんなで盛り上がるようなイベントは性格的に合わないし、ナンパなんて絶対できない。一対一でまったりとコミュニケーションがとれる出会い系での出会いは、俺にあっていると思う。メールを打ったり、文章を考えたりするのは、全然苦にならない。むしろ、女性とメール交換してると思うと、書いている間もどきどきできるので、下手なシュミレー...

「おしりもすべすべでぷりんとしてて、最高だね。」おしりフェチの俺は、むきたてのゆでたまごのようなおしりを両手でなでまわした。「あっ・・・や・・・んん・・・。」目隠しをしているせいで感度がかなりあがっているのだろう。香澄はあえぎ声を我慢できずにいる。レイプされている設定であんまりあえいでいたら、マズいと思うのだが。足を開かせておまんこをむき出しにすると、愛液があふれてたいへんなことになっていた。「お...