出会い系体験エロ小説 [オナニー]

出会い系エロ小説 [オナニー]記事一覧

オナニーで迎えた絶頂感

出会い系で出会った真奈とは、彼女とはできないようなセックスをいつも楽しんでいる。お互いセフレだと変に気をつかわず、自分の欲望や嗜好に素直になれるのだ。今日は真奈にオナニーを強制してみた。恥ずかしがる真奈にローターとバイブを渡し、ベットに座って、壁によっかかっている真奈をいすに座って眺める。「いつもひ...

≫続きを読む

オナニーで迎えた絶頂感-2

俺は勃起したちんぽを取り出して、真奈の顔の前に立った。どす黒く、グロテスクなちんぽを真奈の顔に近づけると、いつも興奮する。「ほら、しゃぶれよ。そろそろちんぽ、入れてほしいだろ。」真奈は素直にフェラチオをはじめる。俺はローターやバイブのスイッチをいたずらして、強や弱にして、真奈の反応を楽しむ。唇を限界...

≫続きを読む

オナニーするんじゃダメ?

出会い系で出会った和美は、やたらと恥ずかしがりやだ。セックスのときは、絶対に明かりを消させるし、あえぎ声もほとんど出さない。終わった後に、「イった?」ときくと、「うん」とはいうが、実際にはどうなのかよくわからない。和美はかなりかわいい顔をしているし、おっぱいもでかい。一度、明るいところでしっかりと裸...

≫続きを読む

オナニーするんじゃダメ?-2

くちゅくちゅ・・・小さないやらしい音がするが、あえぎ声を出すわけでもないし、とても地味だ。「んっ。」ちょっと体をのけぞらせて、静止した和美がクリトリスから指をはなした。「・・・イったよ。これでオナニーおわりなんだけど・・・。」俺はがぼーんっと口が開きっぱなしになった。「おまんこの中には、指とか入れた...

≫続きを読む

目の前で女の子がオナニー

出会い系で出会った菜穂子は、若くて清純そうでとても毎日オナニーしているようにはみえなかった。顔がみえないせいか、メールでのやり取りでは赤裸々な告白をしてきた菜穂子だったけど、こうして実際に会ってみると、恥ずかしくなったらしく、なかなか打ち解けてこない。こんな時には、とりあえず、ヤってしまうに限るので...

≫続きを読む

目の前で女の子がオナニー-2

俺は右手の中指を菜穂子にしゃぶらせて、よだれで濡らしてから、おまんこに挿入した。「き、気持ちいい・・・んんっ・・・そこ・・・イイ・・・。」菜穂子の反応のいいところを集中的に指でこすってやると、菜穂子は俺の中指をきゅっきゅっと締め付けてイってしまう。「はあっ・・・オナニーよりずっとよかった・・・。」満...

≫続きを読む

オナニーより気持ちいい

ヤりたい盛りの俺は、ヒマさえあれば出会い系で女を探していた。顔もスタイルもぶっちゃけ、どうでもいい。とにかくヤれる女なら、この際、贅沢はいわない。オナニーするより、どんな女とでもセックスできればいいのだ。金もないので、ラブホテル代は女に負担してもらっていた。こっちが贅沢をいわなければ、俺よりもお金を...

≫続きを読む

オナニーより気持ちいい-2

顔もそこそこかわいくて、スタイルがよくて、俺のいうことを従順にきいてくれて、同棲して世話を焼いてくれるような、そんな理想的な相手なら、一人に絞り込んでもいいんだけど、そんな相手がみつかるはずもなく。顔が割とよければ貧弱な体だし、巨乳でむちむちの肢体なら顔が残念だし、一長一短なのだ。他の女を漁っている...

≫続きを読む

オナニーはセックスと同じくらい激しい

出会い系で出会った知子は人妻で、単身赴任中のダンナの留守に浮気を楽しんでいた。特に若い男をつまみ喰いするのが大好きらしくて、俺もつまみ喰いされた若い男の一人だった。俺は大学の空手部に入っていて、筋肉と体力には自信があったから、知子の貪欲な性欲にもバッチリ応えてあげられた。俺もヤりたい盛りだったし。い...

≫続きを読む

オナニーはセックスと同じくらい激しい-2

知子のオナニーはセックスと同じくらい激しいみたいだ。俺はひくつきながらバイブを咥えこんでいるおまんこを間近で観察しているだけではがまんできなくなって、バイブの根元に手をかけた。ちょっと引いてみると、かなりの手ごたえがあって、おまんこがバイブに喰らいついているぐちっぐちっという音がなんともいやらしく、...

≫続きを読む

毎日オナニーで開発

出会い系で出会った清美は、すっごい淫乱で、毎日オナニーしてるといっていた。それまで、オナニーしてると公言するような女には出会ったことがなかったので、俺は冗談で、「今度、オナニーみせてくれよ。」といってみたら、あっさりいいよといわれてしまった。毎日オナニーするなんて、どんだけモテないブスなのかと思いき...

≫続きを読む

毎日オナニーで開発-2

裸の清美に俺のベットに座ってもらって、足を開いておまんこをみせてもらいながら、俺はちんぽをしこしことしごいた。目をきらきらと輝かせて俺のオナニーをみている清美の乳首はぴんと尖っていて、興奮しているのがわかる。ああ、早くヤりてぇ・・・。あっという間に、俺は自分の手の中に、精液を吐き出した。「次は清美ち...

≫続きを読む

オナニーにひたっている

出会い系で出会った奈美は、かなり都合のいい女だ。どうも尽くすタイプというか、M気質というか、俺のいいなりになることが奈美の喜びにもなるらしい。今まで付き合ってきた女は、だいたい気が強くて、尻に敷かれてきたから、奈美の従順さはすごく新鮮だった。最初は、ささいなことでも嬉しかったのに、だんだん、図に乗っ...

≫続きを読む

オナニーにひたっている-2

俺のひざの上は不安定だし、位置が高くなった分、オナニーしていることがバレやすくなっている。それでも、俺がセーターの中に両手を入れて、おっぱいをもんだり、乳首をつまんだりしているうちに、奈美は気持ちよくなってきたようだった。「もう・・・イきそう・・・。」奈美が俺にしか聞こえない声で、ささやいて、体をち...

≫続きを読む

バイブでオナニー

出会い系で美加に出会ってから、俺のオナニーの回数はかなり増えた。会えない日でも、いやらしいメールを送ってくるからだ。「今、オナニーするところなの。俊彦くんも一緒にしない?」とか、「大人のおもちゃ屋さんで、バイブを物色中。ハードなくねりでおまんこをえぐってくれるバイブにしようか、太くていぼいぼのついた...

≫続きを読む

バイブでオナニー-2

俺は射精後の脱力感にぐったりして、玄関先に座り込んだまま、のろのろと靴を脱いだ。中出しされた精液を拭い終わると、着ていた服をしわにならないようにクロゼットにかけて、素肌にバスローブを羽織った美加が、ティッシュの箱を持って、俺のところにくる。「いつまで座り込んでるの?ほら、ちゃんと拭かなくちゃ・・・。...

≫続きを読む

オナニートーク

出会い系で出会った香奈は、すごくさっぱりしてて、明るくてスタイルがいいボーイッシュな感じの美人だった。体育会系っていうか、さわやかな色気というか。「香奈って、女の子にコクられるタイプだろ?」冗談できいたら、マジで共学なのに、何度も告白されたらしい。レズじゃないから断ったらしいけど。確かにヅカ系みたい...

≫続きを読む

オナニートーク-2

「生理前とかですっごくムラムラするときは、大人のおもちゃ使って本格的にやるんだけど、急いでるときとか、そんなに性欲がたまってないときはクリトリスを指でいじって、一回だけイってオナニー終わりなんだ。」「そうなんだ。で、本格的なオナニーの時は?」「愛用のバイブをおまんこに突っ込んで、かきまわしながら、ク...

≫続きを読む

オススメ♪

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX