出会い系体験エロ小説 [ナンパ]

官能小説【出会い系-ナンパ編】

官能小説【出会い系-ナンパ編】記事一覧

ナンパではシカトされまくりの俺が、出会い系では女を喰いまくってるといっても、連れは誰も信じない。ナンパでは公衆の面前で、女に拒絶されるという、プライドを踏みにじられるようなことが普通に起こるわけで、それがどうしても俺には耐えられなかった。だいたい、ナンパに成功したところで、いきなりラブホテルに連れ込めるわけではないし。カラオケとか食事とかおごったあげく、逃げられたなんて話もよく聞く。ナンパの目的が...

おっぱいはそんなに大きくないけど、力を入れたら折れそうなきゃしゃな体つきはなかなかそそるものがあって、なるべく時間をかけてセックスを愉しみたくなった。なので、下着姿にした礼子を抱き上げてベットに運んで、じっくり前戯することにした。ブラジャーをはずして、両手でおっぱいをやさしくもんで、礼子の表情を窺う。まんざらでもなさそうなので、指の間から乳首を舐めたり、しゃぶったりして、まずはおっぱいを愉しんだ「...

ナンパで無視され続けた俺達は、ファミレスでグチをこぼしあった。あそこでお前がもっと盛り上げてたらとか、もっと安全圏の女をナンパしてれば、なんて二人でいい合う観光地なんだから、ナンパに引っかかる女がいてもいいはずなのに、今日はツイてない。俺と哲也の好みがイマイチ合ってなくて、ナンパしたい女が違うっていうのも、ナンパに失敗した理由の一つかもしれない。コイツときたら、熟れた人妻って感じの熟女が好きなのだ...

片手でおっぱいを揉んだり、乳首をこねたりしている。うっとりとした表情で知佳に体を預けている美沙の様子から、二人がこういうレズプレイをもう何度もヤっているんだっていうのがわかった。知佳は俺達にみせつけるように、美沙の体を愛撫して、おまんこを指でかき回した後、バイブとローションを取り出した。俺達の前でM字開脚させられた美沙のおまんこは、バイブを咥えこんでいくのが丸見えになっていて、俺達はガマンしきれな...

俺が出会い系を使い始めたのは、ド田舎に転勤になったのがきっかけだった。職場には相手をしてくれそうな女性はいないし、普段の行動圏内には出会いなんてころがってないのだ。それまでつきあっていた彼女が、遠距離恋愛はいやだといって、他の男とつきあいだしたというのも、俺のさみしさに拍車をかけていた。誰も知り合いがいなくて、娯楽らしい娯楽もない。家でエロサイトをみながら、オナっているときに、ふと、出会い系のバナ...

前の日に作っておいたシチューを温め、トーストを焼いていると、バスタオルを巻いた詩織がおずおずと顔をのぞかせる。「あの・・・私の服って・・・。」「汗かいたみたいだったから、洗っておいたよ。乾燥機使えばすぐ乾くし。」さすがに詩織は呆然としていた。「それまで、俺のTシャツ着ておいてよ。」詩織はしぶしぶ俺のぶかぶかのTシャツを着て、ベットの上にちんまりと座った。俺はテーブルに、シチューとトースト、オムレツ...

関連情報

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
トップへ戻る