出会い系体験エロ小説[3P]

出会い系エロ小説 [3P]

出会い系エロ小説 [3P]記事一覧

先輩が俺のうちに押しかけてきて、女を紹介しろとさわぐので、俺は出会い系ですぐに会えそうな女の子を捜した。正直、先輩に知り合いの女の子を紹介する気にはなれない。幸い、近所で待ち合わせできる女の子がみつかったので、俺が一人で迎えに行く。期待以上にかわいいコがいたので、俺はこのままラブホテルに直行したい誘惑と必死で戦った。でも、二人で逃げたりしたら、どんないやがらせをされ続けるかわからない。弥生は明るく...

もちろん、俺だって健全な男だから、ジーンズの下のちんぽはとっくに勃起している。俺はおそるおそる弥生の勃ったままの乳首を舐めた。「あんっ!」突然、きこえたあえぎ声に顔をあげると、弥生が目を開けて、驚いていた。「え?なにこれ?なんで私、裸なの?」動揺している弥生を無視して、先輩はおまんこをクンニしはじめた。ぺちゃぺちゃと犬のように、一心不乱に舐めている。「や・・・やだぁ・・・ああっ・・・ダメ・・・。」...

出会い系で絵里に出会うまで、俺はオナニーで性欲を処理していた。絵里は年上の人妻で、ちょっとぽっちゃりしてて、俺をやさしくリードしながら、セックスの気持ちよさをたっぷりと教えてくれた。オナニーより何倍も気持ちいいセックスを知ったせいで、俺のオナニーの回数はさらに増えた。若い俺のちんぽは、何回でも勃起することができたし、もう射精できなくなるくらいまでヤりまくっても、翌日にはまたオナニーしたくてたまらな...

絵里も由真の乳首を舐めながら、片手でこねていて、由真は返事どころじゃなくなっている。「やっ・・・ああっ・・・あぅっ・・・。」「かわいいコね。感じやすいし、キレイな肌・・・。」はじめての3Pに興奮しているのか、由真のおまんこはいつもより濡れやすくて、すぐにびちゃびちゃになってきた。クリトリスをいじりながら、膣口の周りを舌で舐めまわしていると、由真は限界を迎えたらしく、イってしまった。「やだぁ・・・あ...

出会い系で出会った枝美は、かなりの痴女だと思う。とりあえず、会うたびに着ている服は、かなりのエロカワ系というか、もはやただのエロといいたくなるような露出の服ばかりだ。枝美は割とキレイな顔をしているし、おっぱいやおしりもかなりボリュームがあるので、露出の多いファッションをしていると、すれ違う男達がよだれのたれそうな顔でものほしそうにみる。実際、俺もはじめて会ったときは、かなり興奮した。ほとんど付け根...

枝美の体がびくんとはねた。ちろちろと舌先で八の字を描くようにクリトリスを舐めながら、愛液があふれているおまんこに指をちょっとずつ入れていく。「はん・・・ううん・・・あっ。」枝美はうっとりとした表情で、俺と大介の愛撫を楽しんでいる。おまんこに指を二本入れて、指先を振動させ、枝美が一度目の絶頂を迎えたところで、大介が切なそうな声で、「トオル・・・俺もう我慢できない・・・。」と言い出した。俺は大介にコン...

雅史が出会い系で知り合った女と3Pしないかと誘うので、俺は二つ返事でついていった。フツーくらいのルックスだったらラッキーと思っていたのに、雅史のセフレの美帆はめちゃかわいくて、俺のタイプ。こんなコと3Pできるなんて、俺ってなんてツイてるんだと、飛び上がりたくなった。美帆はきゃしゃな体で、ショートカットに小さなおしりが少年っぽいのに、おっぱいだけが巨乳って呼べるくらいでかくて、アンバランスな魅力があ...

俺はゆっくりと腰を振って、おまんこの中をじっくりと楽しみながら、クリトリスを指でつまんだ。愛液のぬめりで指はつるっとすべってしまう。何度も何度もクリトリスをつまんで、クリトリスを刺激した後は、後ろから両手で巨乳をわしづかみにした。体はまだ未成熟って感じなのに、おっぱいだけが充分すぎるほど熟しきっている。もみもみとおっぱいの弾力を確かめながら、人差し指と中指で勃起した乳首をはさんだ。「美帆、もうイき...

出会い系でやっとゲットした女の子と待ち合わせしてみれば、思いっきりコギャルだった。しかも、二人連れ。あー、こりゃ、ラブホテル行きなんてムリだなぁ。一瞬であきらめた。このまま、家に帰って、一人さびしい時間を過ごすのもなんだし、コギャルと遊ぶのも悪くないかと自分にいいきかせる。カラオケに行って、コギャル達が歌っている全部同じに聞こえてしまうイマドキの歌を聴きつつ、レンジでチンしただけの軽食を食べる。コ...

奈美はくすっという感じの大人っぽい笑いを浮かべて、俺をベットに連れていった。「先にはじめましょ。」仰向けになった俺の上にまたがった奈美は、俺に体重をあずけるようにして、キスしてきた。背中に腕を回してきつく抱きしめながら、ぬちょぬちょと舌を絡める。せっけんの香りとシャワーの後の上気した顔がたまらなく色っぽい。キスで濡れた唇を舐めながら、奈美は俺の下半身へと移動した。すぐに俺のちんぽは、奈美の口の中に...

先輩があまりにも女を紹介しろとうるさいので、「3Pならいいですよ。」といったら、予想通りのってきた。本当は、彼女にできるような女を紹介しろっていってるんだろうけど、デブでブサイクな先輩と付き合ってもいいという奇特な女なんて、俺の知り合いにはいない。3Pならどうにか、俺にぞっこんのセフレが付き合ってくれるだろう。出会い系で知り合ったセフレの明美に、「3Pしたいんだけど、いいかな。」ってメールしたら、...

快感でぼうっとしている明美にはきこえてないみたいだったので、耳元で囁いたら、こくんと頷いた。「やさしく手マンしてあげてください。」俺が先輩にいうと、先輩は自分の指をしゃぶって、明美のおまんこに挿入した。「んっ・・・ああっ・・・気持ちいいっ・・・浩司くんっ・・・私、イっちゃうっ!」のけぞって絶頂を迎えている明美に、ちょっと戸惑う。あれ?先輩って意外とセックス上手いのか?「もう・・・ほしいっ・・・おま...

出会い系で出会った裕子は女子大に通っている女子大生で、イマドキのギャル系じゃないところが俺の好みだった。露出が少なく、肌を安っぽくみせたりしないのが、逆に、みたいっていう気持ちをあおってくれる。ラブホテルに行く前に、カフェで待ち合わせするというワンクッションも、デートっぽくて、なんだかいい。カウンター席に座る裕子がさらさらのセミロングの髪をかきあげると、ふわりといい香りがした。抜けるような白い肌、...

バスタオルをとったらしく、微乳が俺の背中にあたった。「広志のちんぽ、マジでかいね!」奈緒美の手ががっちりと俺のちんぽをつかんでくる。せっかく裕子といい雰囲気だったのに、裕子は俺からはなれて、シャワーを浴びに行ってしまった。「フェラチオしてあげよっか。」奈緒美は素早く俺の足元にくると、俺のちんぽをしゃぶりはじめた。れろーっれろーっと舌でサオを舐めあげたかと思うと、ちゅぷっと口の中にちんぽ全体を咥え込...

出会い系で出会った優香は、かなりの淫乱だ。すごく若くてかわいいのに、性的なタブーとかモラルってもんがないみたいに、快楽に貪欲だ。最初の頃は、ただやみくもに回数やりまくっていたのだが、次第に、バイブを使ってみたり、アナルセックスをしてみたりと、だんだん、ディープなプレイになっていった。アナルにバイブを入れて、おまんこにちんぽを入れる、もしくは、アナルにちんぽをいれて、おまんこにバイブを入れるというの...

達也のちんぽがおまんこの奥に到達したところで、俺はローションまみれにした俺のちんぽを優香のアナルにゆっくりと入れた。「ああんっ!アナルにもおちんぽ・・・気持ちいい・・・。」「ウソ・・・おまんことアナルの二本挿しなんて、いやらしすぎる・・・。」達也は3Pがアナルセックスを含むとは思っていなかったようだ。ぼんやりして動けずにいる達也にかまわず、俺はアナルに入れたちんぽをずちゅずちゅと動かす。うっすらと...

出会い系で出会った人妻の恵子は、さっぱりとした性格の美人だった。「仕事の忙しいダンナに、ムリにセックスを迫るよりは、若い男の子とあとくされなく遊んだ方がお互いのためでしょ。」なんて笑っている。恵子は美人だけど、割と年上だし、人妻だから、俺としても、セフレとしてしばらく遊べればいいかな、くらいに思ってた。ある日、恵子は女友達の美冬をつれて、ラブホテルにきた。「たまには、3Pも楽しめると思って。」美冬...

「気持ちよさそうな顔しちゃってー。フェラチオ大好きなんだから。」恵子が俺のほほを撫でながら、また乳首を舐めた。フェラチオとの相乗効果で、体をのけぞらせてしまうくらい気持ちいい。「ヤバ・・・出そう。」俺がつぶやくと、恵子が美冬にフェラチオをやめるようにいった。「いつもはそんなに早くないのにね。仕方ないから、コレ、つけましょうか。」恵子は俺のカリ首のところに、リングをはめた。もうちょっとのところでイか...

出会い系で春菜という淫乱女に出会ったのは、かなりラッキーだった。中出しさせてくれて、3Pするのもためらわないような淫乱女なのに素人で、俺からは一銭も金を取ろうとしなかった。そこそこ美人でスタイルもよく、親元で暮らしているOLだけに、金にも不自由してない春菜は会うたびに、俺の性欲も食欲もたっぷりと満たしてくれた。ラブホテル代を払わなくても、好きなだけヤれるし、風俗に行く必要もなくなって、気持ち的にも...

直樹は俺のちんぽをみて、勝ったと思ったらしく、ちょっと鼻で笑った。春菜は俺達の足元に膝をつくと、両手にそれぞれ勃起ちんぽを握り、交互にフェラチオしてくれた。ちゅぱっちゅぱっと、いやらしい音を響かせながら、AV女優のように大胆に、舌を絡ませてはサオをしごく。二人同時にフェラチオしているせいで、俺的にはいつものフェラチオほど気持ちよくはなかったし、直樹がフェラチオされている間に、休憩できるので、射精し...

出会い系で、家出娘を拾った。しかも、二人。一人は地味な顔だがおっぱいがでかく、巨乳といってもいいレベルの杏奈。もう一人は、顔はかわいいが幼児体型でかなりの微乳の里紗。泊まるところを探している二人を俺の部屋に連れ込み、たらふくメシを食わせてやった後、お愉しみの代価をいただくことにした。こんな若い娘達と3Pなんて、俺はツイてる。二人とも、俺の目的がセックスだとわかっているらしく、シャワーを浴びた後、素...

「杏奈には後でフェラチオしてもらうよ。まずは俺の汚くて臭いちんぽを里紗にフェラチオしてほしいんだ。」俺は勃起ちんぽを里紗の目の前に突き出した。フローリングの床にへたりこんでいた里紗は、おそるおそる俺のちんぽに手を伸ばす。「ほら、怖くないから舐めてごらん。」里紗はかわいらしい舌で、俺の亀頭をちろっと舐めた。怯えながらも、興奮しているらしい里紗の表情に、俺のちんぽはぴくんとなる。いきなり上下に動いたち...

出会い系で出会った人妻の優奈とは、不思議な関係だ。会ってすぐにセフレになった俺達の関係は、優奈のご主人にバレてしまった。人妻だということを知っていてセックスしていたわけだから、俺にも非はあるが、優奈を浮気に走らせたご主人にだって責任はあるはずだ。なかば開き直り気味で、ご主人の呼び出しに応じた俺は、意外な提案をされた。ご主人は仕事のストレスで、ずっとインポになってしまったらしい。いわゆる勃起障害とい...

俺は優奈の乳首を後ろから、両手でいじりながら、ちんぽを勃起させているご主人に声をかけた。「このぬれぬれおまんこに、ちんぽを入れてみませんか?もし途中で萎えたらフェラチオしてもらうといいですよ。」ご主人はごそごそと勃起ちんぽを取り出した。そのまま、優奈のおまんこに入れていく。俺は優奈のおっぱいをもみながら、妻のおまんこにちんぽを挿入しているとても真剣なご主人の顔をみていた。「・・・入った!」嬉しそう...

関連情報

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
トップへ戻る