出会い系体験エロ小説 [クンニ]

出会い系エロ小説 [クンニ]記事一覧

クンニではイかせずに

出会い系で出会った知香はロリ妻で、できちゃった婚したダンナに放置プレイされてて、欲求不満だった。なんでも、出産に立ち合わせたら、セックスに支障をきたすようになったんだそうだ。出産に感動する男も多いらしいが、中にはおまんこから子供が出てくるのを見て、トラウマになる男もいるみたいで。知香が誘ってなんとか...

≫続きを読む

クンニではイかせずに-2

俺が念入りにクンニしていると、俺のちんぽを咥えている知香の口からは、「ふ・・・く・・・うン・・・。」とくぐもったあえぎ声がきこえてくる。しばらく、クンニを続けていると、知香が感じすぎて、口からちんぽをはなし、俺の足にしがみついて、「気持ちいい・・・イきそう・・・。」っていい出す。そしたら、クンニでは...

≫続きを読む

じっくりとクンニ

出会い系で出会った由里は、彼氏とうまくいってなかったらしくて、あっさりヤれた。彼氏がいるのに、他の男と会ったりするような女は、ちょっとやさしくしてやれば、簡単にセックスまで持ち込める。ラブホテルに連れ込んで、由里の気が変わらないうちにベッドに押し倒して、体中を舐めまわしてやった。特に、おまんこはてい...

≫続きを読む

じっくりとクンニ-2

俺が手マンしやすいように脚を大きく開いた由里は、目をぎゅっと閉じて、俺の指がおまんこに入ってくるのを待っている。ぐぐっと二本の指をおまんこの中に入れて、おまんこが俺の指の太さになじむのを待った。早く動けと催促するように、温かくてやわらかな膣壁がひくひくと俺の指を締めつけてくる。指先だけ、ちょっぴり動...

≫続きを読む

クンニで感じてるくせに

出会い系で出会った美奈子は、顔は十人並みって感じなんだけど、とてもかわいい声をしていた。アニメ声っていうか、声優みたいにかわいい声で、あえがせてみたいと思ってしまう。二次オタではないものの、オナニーにはエロ漫画かアダルトアニメを愛用している俺にとって、美奈子は最高に好みの女だ。顔もブスではないし、ぶ...

≫続きを読む

クンニで感じてるくせに-2

俺よりも美奈子の方が経験豊富らしく、積極的に舌を絡めてくる。舌が絡み合うのも気持ちいいし、やわらかな美奈子の体の感触がなんともいえない。「んっ・・・テレビ、消そうか・・・。」ようやく唇を離したら、美奈子がうっとりした表情でつぶやいた。俺は夢中になってて、テレビの音なんてすでにきこえてなかったんだけど...

≫続きを読む

小刻みに舌を使うクンニ

出会い系で出会った香奈は、コギャル系だった。金髪に近い茶髪、派手なメイク、ブーツにミニスカ。中年に近い俺とコギャルの香奈が並んでいると、援助交際しているようにしかみえない。メールの交換でギャル文字とかを使ってなかったから、もっと普通の女の子かと思っていた。こんなことなら、写メ交換しとくんだった。俺は...

≫続きを読む

小刻みに舌を使うクンニ-2

「えー!いきなりすっぴん見せろとか、ありえないんですけどぉ〜!」予想通り、香奈はかなり引いた。「ごめん、俺、やっぱ、コギャルって苦手でさ。香奈ちゃんがかわいかったからついてきちゃったけど、できればそのコギャルメイクを落としてくれた方がより満足させられるような気が・・・。」俺はブリーフを盛り上げて、勃...

≫続きを読む

ワレメを舐めながら

メガネフェチの俺は、メガネをした年上の女性をみると、むらむらしてしまう。スレンダーで知的なメガネ美人のお姉さんといつかメガネをかけたままで、ハメまくりたいというのが俺の夢だった。俺のその夢は、出会い系で叶えることができた。バリバリのキャリアウーマンだという理沙は、仕事が忙しくて彼氏を作る余裕がなく、...

≫続きを読む

ワレメを舐めながら-2

理沙の足元に座って、立ったままの理沙のおまんこをクンニする。ワレメを舐めながら、理沙の顔を見上げると、うっとりとしていて、俺はますます興奮した。「おまんこ、すごく濡れてる・・・。」「隼人に会うときは、いつも朝からおまんこが濡れちゃうのよ。トイレで拭くたびに、愛液がトイレットペーパーについちゃうんだか...

≫続きを読む

舐めれば舐めるほど

俺が出会い系を使ったのは、彼女にフラれてヤケになった勢いだった。後にして思えば、俺の思いっきり普通の書き込みに、メッセージを送ってくれた女性がいたこと自体、奇跡的な幸運だったのだろう。落ち込んで何をする気もおきなかった俺は、紗枝からくるメールだけを楽しみになんとか日常生活を乗り切っていた。家に帰った...

≫続きを読む

舐めれば舐めるほど-2

裸にストッキングとガーターベルトだけの姿になった紗枝は、すごくいやらしくて、かわいらしかった。ベットに紗枝を押し倒して、覆いかぶさりながら、紗枝の顔を覗き込んでキスをする。「すごくエロい格好・・・。かわいいよ・・・。」ちゅっと軽く唇を合わせたり、舌を絡ませたりしながら、ゆるく開いた足の間に手をすべら...

≫続きを読む

膣に指を入れたままで

出会い系で出会った梨乃は鉄子だった。鉄道マニア同士で意気投合した俺たちは、同好の士以外にはわけのわからないような内容のメールで盛り上がり、仲良くなっていった。はじめて会うにもかかわらず、一泊の旅行という無謀なプランになってしまったのは、メールの交換だけで、親しくなったという錯覚のなせる業だった。待ち...

≫続きを読む

膣に指を入れたままで-2

俺はがばっと梨乃にのしかかり、両手を押さえつけた。「な、何をするんですか?」帯をはずされながら、梨乃が抗議する。「男と女が二人で旅行にきたんだから、こうなることくらいわかってたでしょ?」両手を頭の上にあげられ、帯でくくられた梨乃は、涙目になっている。ブラジャーのホックをはずして、上のほうにあげて、こ...

≫続きを読む

オススメ♪

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX