出会い系体験エロ小説 [乱交]

出会い系エロ小説 [乱交]記事一覧

日曜日は乱交パーティ

出会い系で出会ったセフレが私には、三人いる。一度きりのセックスを愉しんだ相手なら、もう覚えきれないくらい。セックスの相性がとてもよかった三人に厳選したセフレは、日替わりで私を愉しませてくれる。月曜日は大学生の翔平。スポーツ推薦で入っただけあって、筋肉質の引き締まった体と底なしの体力で私の性欲を満たし...

≫続きを読む

日曜日は乱交パーティ−2

一生懸命フェラチオしても、ちんぽの持ち主はうなり声ひとつもらさない。「さあ、答えて?」「純一。」純一のちんぽは、ちょっと細くて長いので、他の二人よりわかりやすかった。「正解。約束どおり、おまんこにちんぽを挿入しますよ。」私はそっと床に寝かされて、パンティを脱がされ、バイブを抜き取られた。バイブの振動...

≫続きを読む

性なる夜に思いっきり

出会い系で出会った里奈は、かなりのヤリマンだった。ヤリマンっていうか、セックス大好きっていう感じで、気持ちよければなんでもいいらしかった。ルックスはかわいくて、性格も明るくて素直なのに、セックスに対するモラルっていうか、タブーがない。もしもセックス大好きの淫乱でなければ、里奈に付き合ってほしいといっ...

≫続きを読む

性なる夜に思いっきり-2

右手はスポーツマンのちんぽをゆるくしごいていて、待機させているようだ。俺は里奈の本気のフェラチオテクにあっけなく、口内発射した。乱交に興奮していたのもある。里奈は俺の射精した精液をごっくんと飲むと、ぺろりと舌なめずりをした。「今度はこっち♪」待機させていたスポーツマンのちんぽをしゃぶり、両手でしごい...

≫続きを読む

ラブホテルの一室で、王様ゲーム

出会い系で出会った真由は、欲求不満の人妻で、会うたびにお互いの性欲をありったけぶつけあっていた。飢えているとはいっても、ルックスは美人だし、スタイルだってバツグンの真由は、セフレとしちゃ、最高だ。俺は真由とのセフレ関係を楽しんでいた。ある日、ヤりまくって、ベットでまったりとしていると、目をきらきらさ...

≫続きを読む

ラブホテルの一室で、王様ゲーム-2

知的なメガネ美人の菜穂が貴子にクンニされてよがっているところは、お姉さまと後輩のシスターみたいな雰囲気がある。真っ先に、圭太がイった。口内発射したらしく、貴子がごっくんと飲んで、ちんぽを口から抜いた。へなへなと魂を吸い取られたように、圭太が座り込む。俺は貴子が菜穂をクンニしているのを眺めながら、しゃ...

≫続きを読む

乱交パーティがなんとも微妙

出会い系で淫乱な人妻・美月に出会った俺は、今度の乱交パーティには彼女を連れて行こうと思った。乱交パーティっていっても、仲間内だけの少人数のものだ。三組か四組くらいのカップルが参加するだけだから、同伴者がいないと参加できない。俺のセフレの中でも、さすがに乱交パーティに行きたいという女はそうはいなくて、...

≫続きを読む

乱交パーティがなんとも微妙-2

空気の読めない発言をした男を視線だけで殺せそうな恐ろしい目つきで、女性達が睨みつける。「なんかごめんなー。こんなハズじゃなかったんだけど。」帰りの車の中で、美月に謝ると、「私はそれなりに愉しめたし、気にしないで。それに、もちろん、このまま、まっすぐ帰るわけじゃないわよね?・・・あの中じゃ、やっぱり、...

≫続きを読む

輪姦に近い乱交

出会い系で出会った美砂は、超を10個つけたくなるような淫乱で、俺は想像したこともないような刺激的なセックスをたくさん教わった。野外露出でのセックス、女二人との3P、ついには、カップル喫茶で乱交まで経験してしまった。もちろん、最初から乱交しようと思っていったわけじゃなかったが、その場の雰囲気に流されて...

≫続きを読む

輪姦に近い乱交-2

口、おまんこ、アナルをそれぞれちんぽで犯されて、気持ちよさそうによがっている美砂の姿態を呆然とみていたら、あぶれていた女の一人が俺に声をかけてきた。「よかったら、私とセックスしませんか?」美砂ほどではないけど、なかなか美人で、スタイルのいい女性だったので、さっそく抱き合って、舌を絡ませ合う。それにつ...

≫続きを読む

六本の手が体中をはいまわり

大学生の頃、一度だけ乱交を経験したことがある。男だけの鍋パーティをやった後、こたつでごろ寝しながら、ヒマつぶしに出会い系に書き込みしまくっていた。六人のうちの誰かが女を誘い出せたら、この部屋まで連れて来るっていう約束だったが、誰一人ヒットしない。仲間の中で、最も女に飢えていた陽介が禁断の手段に出た。...

≫続きを読む

六本の手が体中をはいまわり-2

「せっかく乱交なのに、中出しできないなんて、つまんねえ。」「乱交だから、中出しできないんだって。イヤなら帰れば。」ややイケメンが沙織の乳首から口をはなして、キツい口調でいった。この二人のおかげで乱交できているということをかろうじて思い出したらしい陽介は、ようやくコンドームをつけはじめた。「さっさと挿...

≫続きを読む

オススメ♪

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX