淫靡な光景に興奮-2

 

俺の操作するバイブでよがっていた尚子は、俺の下半身を剥いて、大きくなったちんぽを露出させた。

 

「すごい・・・おちんぽがそそりたってる。」

 

真理が双頭バイブのスイッチを入れ、腰をふりながら、二人であえぎ声をあげているのを眺めながら、俺は尚子にちんぽをフェラチオされ、AVの中にまぎれこんでしまったような錯覚を覚えた。

 

淫靡な光景に興奮-2

 

「先におちんぽ、いただいていいでしょ?」

 

尚子が俺にではなく、真理に許可を求め、早苗を攻めるのに夢中になっていた真理が、

 

「いいわよ!」

 

と気安くいったため、尚子は自分でバイブをはずして、大股開きで俺を誘った。

 

俺は正常位で尚子のおまんこにちんぽをつっこみ、がしがしと腰を動かした。

 

こうなったら、俺も楽しませてもらわなければ損だ。

 

「あっ・・・すごい・・・硬くて奥まで当たってる・・・。」

 

うっとりとした表情で人妻にみつめられると、悪い気はしない。

 

俺は尚子の脚を持ち上げて、さらに奥までちんぽを入れまくった。

 

淫靡な光景に興奮-2

 

「あふ・・・いい・・・いいのぉ・・・最高・・・。」

 

ぐいんぐいんと大きなスライドや小刻みのスライドで緩急をつけ、ピストン運動を繰り返していると、おまんこがびくんびくんとうねりだした。

 

「ああ・・・もうイく・・・イイッ!」

 

おまんこをしめつけて、尚子がイったので、俺も最奥で一発目の精子を放出した。

 

ゆっくりとちんぽをおまんこから抜くと、おまんこから白い精液を垂れ流したまま、リビングの床にぐったりと横たわる尚子がひくひくと震えていた。

 

俺は女同士で絡み合っている真理と早苗に近づき、ぐちゃぐちゃになっている二人のおまんこを観察した。

 

「すげーぐちゅんぐちゅんだな。」

 

早苗は我にかえったらしく、あえぎ声を我慢しだした。

 

「どっちから、ちんぽ入れられたい?」

 

「早苗さんから、おちんぽ入れてあげて。」

 

真理は愛液まみれになったバイブを引き抜くと、早苗のヒザから下りた。

 

俺は愛液をしたたらせ、物足りなげにひくついている早苗のおまんこに釘付けになったが、早苗の横に座り、回復したちんぽの根元を手で支えて、早苗に声をかけた。

 

「さあ、自分でおまんこにちんぽを咥えこんでくださいよ。」

 

早苗は俺のヒザに乗り、自分からちんぽをおまんこに入れた。

 

淫靡な光景に興奮-2

 

そして、自分で激しく腰をふり、あえぎ出した。

 

俺はたまに、ちんぽを下から突き上げながら、早苗のおっぱいをもんだりして楽しんだ。

 

早苗が俺のちんぽでイッたあと、さらに激しく下からちんぽを打ち込んで、早苗の中にも、白い精液を放出した。

 

早苗の体をソファーに横たえて、俺たちを見ながら、バイブをおまんこに出し入れして、オナニー中の真理に覆いかぶさった。

 

バイブをおまんこから抜いて、代わりにちんぽを埋め込む。

 

「ああん。やっぱり、あなたのおちんぽ、最高よ!」

 

淫靡な光景に興奮-2

 

俺の首を抱き寄せながら、真理が嬌声をあげる。

 

もはやなじみとなった真理のおまんこで、ゆったりとしたセックスを楽しみ、本日三発目となる精液を吐き出したのだった。

トップへ戻る