乱交はこれが最初で最後-2

 

「由香里ちゃん、俺のちんぽもさわってよ。」

 

裕司が体の向きを変えて、勃起したちんぽを由香里に握らせた。

 

乱交はこれが最初で最後-2

 

クリトリスを指でいじりながら、アナルプッチを出し入れしている。

 

「ぐ・・・ふ・・・ん・・・。」

 

ちんぽを口いっぱいにほおばっているせいで、あえぎ声があまりきこえないが、おまんこがきゅうきゅうとしまっている由香里は、かなり感じているようだ。

 

俺もそろそろ他のやつと交代するために、真剣に腰を動かして、ちんぽを奥に突きこみはじめた。

 

「もう出そう・・・口内発射しちゃうよ・・・。」

 

尚也が叫びながら、由香里の口の中に射精するのと同時くらいに、俺もコンドームごしにおまんこで射精した。

 

乱交はこれが最初で最後-2

 

手コキだけだった裕司はさすがにイけなかったらしく、

 

「次は俺、ちんぽ入れさせてよ。」

 

といいながら、いそいそとコンドームをつけている。

 

口内発射された尚也の精液をなんとかごっくんした由香里が、はあはあと荒い息をついてぐったりと床に座り込むと、裕司が犬のようにのしかかっていこうとする。

 

射精後のコンドームの後始末をしていた俺は、裕司に声をかけた。

 

「せめてベットでやんなきゃ、由香里が痛いだろ。」

 

尚也と裕司が二人がかりで、由香里を抱き上げて、ベットへと運ぶ。

 

「陽介、アナルも使っていいの?」

 

尚也がアナルプッチを動かしながら、俺にきく。

 

「ちゃんとコンドームつけろよ。」

 

俺もベットに向いながらいうと、尚也がちっと舌打ちした。

 

「アナルなら生で中出しできると思ったのに。」

 

「イヤなら止めてもいいんだぞ?」

 

尚也にコンドームを手渡すと、しぶしぶつけはじめた。

 

裕司が由香里のおまんこに挿入して、激しく腰を動かしている。

 

乱交はこれが最初で最後-2

 

「やだぁ・・・あっ・・・。」

 

俺は仰向けに寝ている由香里の顔に近づき、首筋や顔を舐めた。

 

「陽介・・・やっ・・・恥ずかしいよぅ・・・。」

 

好きな男の前で、他の男に犯されているのが恥ずかしいのだろう。

 

由香里の顔は真っ赤で、ちょっと涙ぐんでいる。

 

「なあ、コンドームつけたから、アナルでやらせてくれよ。」

 

尚也がうるさいので、由香里の体を抱き起こして、裕司と座位みたいになるような体制にした。

 

アナルプッチをそっと抜くと、シーツにこぼれるくらいにローションを塗りこむ。

 

「・・・ちんぽ入れてもいいぞ。」

 

俺が尚也にいうと、尚也はすぐにちんぽをアナルに押し込んだ。

 

乱交はこれが最初で最後-2

 

「アナル狭い・・・なんか、裕司のちんぽの感触がわかってイヤかも・・・。」

 

「それはお互い様だっつーの。でも、おまんこもさっきよりよくなった。すげ・・・イイ・・・。」

 

由香里はもう切なそうに俺をみながら、両方からゆすぶられる動きに身をまかせて、あえぎ声をもらすだけだ。

 

尚也がアナルから出ると、俺がアナルに交代で入り、裕司の後におまんこに入った尚也の後に、俺がもう一度、おまんこに入った。

 

乱交はこれが最初で最後-2

 

終わった後の由香里はぐったりとして、次の日まで動けなくなってしまったので、乱交はこれが最初で最後になった。

 

でも、3Pくらいならまたやってみたいと、たまに思っていたりする。

トップへ戻る